歯周病

歯周治療

歯周病とは?

歯周ポケット 歯周病は歯を支えている組織が破壊されていき、進行すると歯を失う病気で、歯槽膿漏とも呼ばれます。虫歯も進行すると歯を失う原因になり得ますが、こちらは、歯そのものが破壊されていく病気です。この2つの病気に共通なところは、プラークによる感染症であるということです。 歯周病は、主に歯に付着したプラークのうち、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌によって引き起こされます。歯周病菌は、歯周ポケットの中で増殖しながら歯肉に炎症を起こし、歯と歯肉の付着部を破壊して、歯周ポケットを深くしていきます。そしてその先にある歯槽骨(歯を支えている部分の骨)や、歯根膜を徐々に溶かしていきます。 このため、歯周病を改善するには歯周ポケット付近のプラークを減らすということが、一番大切なことです。 また、歯石はプラークが唾液に溶けているカルシウム分等により石灰化し、硬くなったものですが表面がザラザラ・デコボコしているため、表面にプラークを付着させ、取れにくくしているため、これも歯周病の原因といえます。 プラークは軟らかいため、歯ブラシ等により除去することができますが、歯石は硬いため歯科医院で除去することが必要です。この他歯周病を悪化させる因子としては、下記のようなものがあります。

【1】タバコ

喫煙をしている人は、歯肉内部の血行が悪くなり免疫機能が低下し、炎症により破壊された組織の修復能力も低下するため、歯周病を進行しやすくなります。

【2】歯にかかる過剰な力

「歯ぎしり」や「食いしばり」のことです。これらの力は通常、物を噛むときの何倍もの力を歯周組織に加えることで、ダメージを与えていきます。そしてこの蓄積が歯周組織を破壊し、歯周病を進行させます。

【3】糖尿病

糖尿病と歯周病はお互いに密接な関係を持っており、糖尿病のコントロールが悪いと歯周病を悪化させる原因となります。(詳しくは”歯周病と全身疾患”の部で述べます) 薬物の副作用

【4】薬物の副作用

フェニトイン(抗てんかん薬)やニフェジピン(血圧と不整脈の治療薬)等のカルシウム拮抗薬では副作用として歯肉の増殖がみられる場合があります。

【5】女性のホルモンバランスの変化

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)のホルモンバランスの変化や、妊娠中のつわりなどによりプラークコントロール悪化などが歯肉の炎症を悪化させます。

【6】口腔乾燥症(ドライマウス)

唾液が減少することで細菌に対する抵抗力が弱くなり、歯周病が進行しやすくなります。

【7】遺伝

歯周病の予防と治療法

プラークコントロール

歯周病の原因はプラークですから、徹底的にプラークを取り除くことに尽きます。 プラークは歯ブラシで取り除くことができますから、毎日の正しいブラッシングが一番大切です。 患者様の症状にあわせた歯ブラシと使用法を親切にご指導します。

プラッシング
スケーリング

特殊な器具を使い目に見える歯石を取り除きます。当医院ではエアースケーラーを使用しているので痛くありません。

ルートプレーニング

特殊な器具(キュレット)をつかい、歯肉の中に入りこんで歯根面にくっついているプラークや歯石や汚物をこそぎ落とし歯根の表面をツルツルにします。そうすることで再び汚れや細菌をつきにくくします。 麻酔をしますので痛くありません。

歯周外科

ルートプレーニングで改善されないとき、麻酔をし外科的に歯肉を開いて歯根面を直視して取りきれていなかった歯石や汚物を取りきります。

Copyright(C)2008 菱沼歯科医院 All Rights Reserved.